テント屋さんのBlog

テント屋さんってどんな仕事をしているのか 知らない人が多いんじゃないかしら?! こんなことも、あんなことも・・・・と 驚くほど幅広いんですよ。 結構特殊な加工物を注文されたり そんな仕事を中心にご紹介したいと思います。

ヨーロピアンテントの組み立て方



ヨーロピアンテント

オーニング張替

数年前に取り付けたオーニングの張替です。



エルバーネメロディー(テイジンニューパスティーFP8846)

間口6440 出巾2500

通常文字は表面に入れますが、通りが狭く目立たないということで

テントの裏面(天井部分)に大きく入れています。(お客様のご要望)

下から見上げると、ひと際目を引き宣伝効果バツグンですね。

ヨーロピアンテントのCMです。



数年前、ミニゴルフ場を経営されているお客様が
お嬢様の結婚式&披露宴ををゴルフ場で行われました。
当時は、ヨーロピアンテントなんてなかったと思うのですが
花のアーチと赤いじゅうたんに雛段を設営し
運動会などで使う野外テントを張り、周囲に紅白幕を取付け、
準備したことを思い出しながらCMを作ってみました。
当時、こんなテントがあったら、もっと盛り上がったに違いないと感じています。

四万十町米こめフェスタ

あいにくの雨にもかかわらず、たくさん人出がありました。







美味しい新井田米こそ食べれませんでしたが、ハンバーガーを買って帰りました。

4月にオープンしたお店をやっとUPです

カフェ ど くれもん ≪cafe do kuremon≫

カフェ ど くれもん












写真をクリックすると大きな画像をご覧いただけます。

とにかく体力勝負です

今週初めから、今月末までは大きな製品作りが多
裁断縫製が大変です。作業場は13mx7m程度しかない上
ミシンや反物を置いてあり狭いところでの作業は、とにかく体力がいります。


20mx15mのブルーシートを21mx13mに作り直し補強し
21mx13mを2枚合わせ、21mx26mにするという作業
ただ接ぎ合わせるのではなく、中間2m50cmは縫い合わせないというもの。このような大きなシート製作がいくつも重なってしまい、少々疲れ気味、150cm、40Kgの身体にはかなり応えます。

まちの駅『ゆすはら』オープン

NHK大河ドラマ『龍馬伝』でも出てくる脱藩の道で有名な梼原町にまちの駅『ゆすはら』が今日オープンしました。



当店がオープニングの神事会場の設営等をさせていただきました。



この建物は、町の特色を生かした杉の木をふんだんに使い、正面の外壁に茅が用いられ特徴的な景観となっています。

1階は町の特産品販売と観光情報発信の場となっていて、2階、3階は宿泊施設も完備されています。木の香りのする安らぎと癒しの空間となっています。(私も、ぜひ一度宿泊してみたいと思っています。)

紺屋の白袴

我が家にもやっと、シェードクロスを取り付けました。

二階住まいの中心を走っている10mの廊下の付きあたりにあるベランダの出入り口に吊り下げ、毎朝フェンスに縛り付けている。

風通しも良く、日差しを遮り、隣の店舗からの目隠しとしても最適でした。シェードクロスの販売を始めて3年余になるというのに・・・・もっと早く取り付けるべきでした。



サイズ巾85cmx長さ2m 斜めの端切れを使用しているので、伸びないようにサイドに厚手の綿テープを縫いつけてあります。



今年は、例年以上に暑さが厳しいので熱射病にならないように充分気を付けないといけませんね。水分補給をして…

水分補給に黒ウーロン茶を飲んでいると、『利尿作用があるので、水分補給にはならないよ』と言われました。今は、黒ウーロン茶は食後に飲むようにして水分補給には普通の水を飲んでいます。

ヨットのセールカバーとドジャーカバー

先日、古いヨットのセールカバーとドジャーカバーが持ち込まれ
サンブレラで新調することになったんです。

セールカバーは、ハトメをところどころオープンファスナーに交換して長さを20cm延長し約5mに仕上げることに・・・・
ドジャーカバーは、枠を採寸せずに古いカバーを頼りに製作することになった。無謀なことをと後悔しながらビニールの窓だけを信じて製作をしたのです。

お客様からの『セールカバーは、良かったけれどドジャーが全く合わない』という電話に冷や汗です。

翌日の休みを返上して、どこが合わないのか、どこを直せばいいのかマリーナへ見に行ったことでした。
1時間悪戦苦闘した末、前後のパイプの通し間違いだったのです。
何はともあれ、胸をなでおろし元通りにして納品。

後日、お客様のから電話があり『100%完璧に再現してもらってます。ありがとう。』とのこと、とにかく安心したのと同時に嬉しかったですね。

ボート操舵室リアカバー





操舵室のリアカバーをサンブレラの黒で製作

ファスナーはYKKビスロン#10黒(中央ビニール窓の両側)

窓のビニールは、アキレスアクアV0.8
Recent Comments